仁科百華のアナルはオマンコの10倍締りがいい

2010年にAVデビューしてから、2012年までに500本以上の作品に出演している仁科百華さん。

もうすぐ1000本越えの大台になるそうです。

詳細参考→エロ動画よくばり情報館

そんな彼女が丸秘処女を喪失する作品「アナル解禁。 仁科百華」を紹介しましょう。

パッケージ写真は、爆乳とのバランスが良い特大桃尻から、キュートなアナルが丸見えになっていました。

彼女のオナニーシーンからスタートし、乳もみから手マンになってフィニッシュはディルドオナニになります。

けっこう長いから、即抜きたい方は飛ばしましょう。

男性との絡みになると、ロングキスから舌を絡ませたディープキスに変化し、乳首舐めの後で生フェラになっていきます。

彼女のフェラテクは、唾液と先走り汁が交じり合った亀頭責め!

口と手でひねりを加えたスクリューフェラ!

さらに強弱を付けながらのバキュームフェラです。

男優が我慢しきれないというパイズリも圧巻でした。

セックはエスカレートしながら、爆乳から徐々に桃尻へとターゲットが変わっていきます。

アナルを徹底的に責めまくり、指入れで肛門筋の緊張を緩和しているようです。

ローションをたっぷり刷り込んだらスタンバイOK!後背位でアナルに進入しようとしても弾き返されています。

オチンコの先っぽを挿入すると、その後は抵抗なく根元まで入っちゃいました!

アクメの表情がいつもと違う作品に仕上がっているのです。